窓ガラスの掃除を楽にする便利道具

 窓ガラスの汚れについては、白い車に付いた水垢などに比べると汚れが落ち易いのではないかと思います。従って、特別な掃除用具もあえて必要はないのではないでしょうか。例えば、ただ単にバケツに入れた水で一旦雑巾を濡らして、その後硬く絞っておくと窓ガラスに付いた頑固な汚れも落ち易くなると思います。あるいは、窓ガラスは乾拭きがよいという方も中にはいらっしゃいます。その場合、市販のガラスクリーナーを乾いた雑巾に少し滲ませておくと頑固な汚れも落ち易くなるのではないでしょうか。ところで、水に濡らした新聞紙を雑巾代わりに使用するという所謂裏技も流行っているようですね。窓ガラスを拭くのに新聞紙を使うという裏技を知らない方のために、どうして新聞紙がよいのかということにあえて申し上げておきますと、新聞紙に使われているインクが窓ガラスの汚れを綺麗に拭きとってくれるようなのです。しかも、インクは油性なので拭き掃除をした後ワックス効果もあるようですね。とくに、水や洗剤で濡れた雑巾で窓ガラスを拭いた場合、雑巾の細かい繊維が窓ガラスに付着するようなのです。それが問題ということで、窓ガラスは乾拭きがよいという意見も持っている方が多いようですね。
 もちろん、その他にも窓ガラスを掃除するための便利な道具も数多く市販されています。例えば、窓ガラスの内側は手軽に拭き掃除ができるのですが問題なのは窓の外側です。そのため窓ガラスの内側を拭き掃除をしている時に、同時に外側の窓ガラスも拭き掃除ができてしまうという便利な道具もあるようですね。通販サイトなどでは2000円弱で販売されている窓ガラス両面クリーナーという商品です。あるいは、洗剤を必要としないマイクロファイバー製の窓ガラス専用のクロスも販売されています。この商品の場合、マイクロファイバーが汚れを絡めとる仕組みになっており、おまけに繊維クズがガラスに付着しないようですね。